将来のためには時間を有効に使うべし

10月 2, 2017 · Posted in · 将来のためには時間を有効に使うべし はコメントを受け付けていません。 

IT技術職の中でもプログラマーは個人での作業が多い分独立性が高く、将来的にフリーランスや個人事業主として独立を考えている人も多いです。
働いた分だけ収入につながるフリーランスは魅力的で、現在のIT業界は技術者の人手不足が問題となっていることもあって、仕事の受注に困ることは少ないと言えます。
そのため独立もしやすいのですが、安定性という意味では企業に属していたほうが良く、方向性を考える必要が出てきます。
ただ、どちらを選ぶにしても作業効率は重要で、少しでも早く的確に行えれば強い武器となり、独立だけではなく企業内でキャリアアップすることにも役立つでしょう。
では効率性を高めるためにどうすればいいのか。
技術力向上はもちろんですが、使用しているプログラム言語を見直すことも大切です。
新規習得におすすめの言語はScalaで、こちらはオブジェクト指向と関数型のプログラミングを統合したもので、Javaにも対応しています。
それゆえ使いこなすと効率性が高まる可能性があり、試してみるのもいいかもしれません。
プログラム言語を習得しようとする場合、休みの日などを有効活用して学ぶことも必要です。
心身を休めるのはとても大切ですが、余力があるなら将来を考えて自習をすることが大事になります。
今の努力が後々に役立ちますから、時間の有効活用も考えた方がいいでしょう。
時間は有るようで無く、将来に備えるなら休みを活用するのも必要となり、しっかりと考えて学ぶことが重要なのです。
入門としては全体的に情報を知れて、ちょっとした時間にパラパラとめくれる書籍での学習がおすすめです。
初心者にもわかりやすい書籍が>このサイト<で紹介されているので、参考にしてみてください。